日本糖尿病教育・看護学会誌 第26巻1号 論文11本公開しました

【資料】2022 年 26 巻 1 号 p. 33-40
糖尿病患者へのエンボディメントケアにおける『あいまいな体験に輪郭を与えるケア』実践プロトコールの活用
米田 昭子, 野並 葉子, 馬場 敦子, 曽根 晶子, 河田 照絵, 藤原 由子



【資料】2022 年 26 巻 1 号 p. 41-48
薬物療法を行う高齢2型糖尿病患者に対する自己管理支援に関する文献検討
森 京子, 古川 智恵



【原著】2022 年 26 巻 1 号 p. 49-57
2型糖尿病患者における治療中断の予測因子としての治療満足度とセルフモニタリング力の関連性
増田 誠一郎



●第26回日本糖尿病教育・看護学会学術集会報告

【特別講演1】2022 年 26 巻 1 号 p. 59-65
伝えることと伝わること―認識のからくりを知る―
植垣 一彦



【特別講演2】2022 年 26 巻 1 号 p. 67-71
COVID-19アウトブレイクから学んだこと,これから解決すべきこと~糖尿病患者の看護につなげるために~
三鴨 廣繁



【特別講演3】2022 年 26 巻 1 号 p. 73-77
省察(リフレクシン)で新たな気づきをもたらす越境学習の効果とは
石山 恒貴



【教育講演1】2022 年 26 巻 1 号 p. 79-83
糖尿病におけるスティグマとアドボケイトとしての支援-他者への「言いづらさ」をふまえて-
黒江 ゆり子



【教育講演1】2022 年 26 巻 1 号 p. 85-89
どうして糖尿病患者さんのアドボカシーが注目されているのか
田中 永昭



【教育講演1】2022 年 26 巻 1 号 p. 91-94
患者の立場および看護師の立場から考えたアドボカシーとスティグマ
土田 由紀子



【教育講演2】2022 年 26 巻 1 号 p. 95-100
糖尿病患者への爪治療と爪ケア
高山 かおる



【教育講演4】2022 年 26 巻 1 号 p. 101-104
経験からの学び方を学ぶ 私はどうしたらよかったのか
東 めぐみ