日本糖尿病教育・看護学会誌 投稿規定

1.投稿者の資格

本誌への投稿資格は著者および共著者すべて日本糖尿病教育・看護学会会員とする.ただし,編集委員会からの依頼原稿についてはこの限りではない.

2.原稿の種類

1)原稿は,糖尿病教育,もしくは看護に貢献しうるもので,他誌(国の内外を問わず)にすでに 発表あるいは投稿されていないものに限る.

2)原稿の種類は,原著,総説,研究報告,実践報告,その他であり,原稿にそのいずれかを 明記しなければならない.

(1)原著 :独創性に富み,主張が明確に表明されていて,研究としての意義が認められ,研究目的,方法,結果,考察など,論文としての形式が整っているもの.

(2)総説 :ある特定のテーマに関して1 つまたはそれ以上の学問分野における知見を広く概観したもの.あるいは,最近の発展・問題点を中心に解説したもの.

(3)研究報告 :内容的に原著には及ばないが,ある研究の方向性が示され,発表の価値が認められるもの.

(4)実践報告 :患者教育プログラムや教育担当者のための研修などの実践報告.実践の発表を行うことにより,糖尿病教育の向上・発展が見込めるもの.

(5)その他 :糖尿病教育・看護の向上・発展に貢献する資料など

3.倫理的配慮

日本看護協会の会員専用サイト(https://direct.nurse.or.jp/jna_system/JNA_ninsyou.asp)から「看護研究における研究倫理指針」本文を参照し,「看護研究における研究倫理チェックリスト」を確認のうえ,倫理的に配慮された旨を本文中に明記されていること.また,投稿時には,本学会誌の「投稿チェックリスト」の倫理的配慮の項目について点検・確認する。

4.原稿の受理および採否

1)本誌投稿中,他誌への投稿をしてはならない.また,研究の倫理にもとるものは採用されない.

2)投稿する前には、本学会誌の「投稿規定」および「投稿チェックリスト」に沿って原稿を点検し、本学会の投稿規定に準じていることを点検・確認する。また、原稿の種類が原著研究報告の場合は,必ず「投稿ガイドライン」を熟読し,原稿作成を行う.著者名など個人が特定されている表記を黒く塗りつぶし,著者が特定されないように留意する.また,倫理審査委員会の固有名や謝辞における固有名等の表記も黒く塗りつぶす.投稿は、日本糖尿病教育・看護学会ホームページ(/)のオンライン投稿システムにより受け付ける.画面上の指示に従って,著者情報,論文タイトル等を入力し,本文,図表等は,テキストファイル,WordまたはExcel(バージョン2003以上)のファイル形式で投稿する.

3)論文掲載の採否は,査読を経て編集委員会が決定する.掲載の順序は原則として掲載決定された論文のうち,その採択日の順に従う.(最終原稿の受付日をもって,論文の採択日とする.)

4)編集委員会の審査によって返送され,再提出を求められた原稿は返送日(日本糖尿病教育・看護学会学会誌編集委員会から返送した日)から2カ月以内に再投稿すること.2カ月以上経過して再投稿された場合は,新規受付として扱われる.

5)投稿原稿が採用予定数を超えた場合は,採択日の遅いものを次号の掲載に回すことがある.ただし,投稿者がそれを望まない場合は投稿原稿を返却する.

6)原稿の査読は原則2回とするが,編集委員会が必要と認めれば,2回以上の査読を行う場合もある.著者校正は1回とする.校正時の大幅な加筆,修正は原則として認めない.

5.原稿執筆の要領

1)抄録とキーワード

(1)和文抄録は400 字程度とする.原著希望の場合には,和文抄録の他に,250 語前後の英文抄録をつける.

(2)抄録中に略語を用いるときは,本文と別に,初出のときに正式の語を用い,略語は(  )に示す.

(3)日本語のキーワードを記載する.ただし5 つ以内とする.原著希望の場合には,日本語の他に英語のキーワードを記載する.

(4)英文抄録は英文校正受けている.

2)本文

(1)原稿はA4 版,横書きとし,1 頁40 字×30 行とする.

(2)投稿原稿は,種類を問わず図および表を含めて原則16,000 字以内とする.
   図表1枚の刷り上がりの大きさと文字の換算は,以下のとおりとする.
   1/4程度  300字
   1/2程度  600字
   1枚相当  1200字

(3)外来語はカタカナで,外国人名,日本語になっていない術語などは,原則として活字体の原綴で書く.

(4)論文中たびたび繰り返される用語の代わりに略語を用いてもよいが,抄録,本文とも初出のとき正式の語を用い,その際(以下,...と略す)と断る.

(5)図,表および写真は本文とは別のファイルとし,図1,表1,写真1 などと番号をつけて投稿する。

(6)句読点は「,」または「.」で統一する.

(7)数字および英字は半角とする.

3)文献

(1)本文中の文献表示方法
・ 文献を直接引用する場合には,引用部分をカギカッコでくくり,引用であることを必ず明示する.引用出典(引用文献)は,文中の引用部分のあとにカッコを付し,その中に著者名の姓と発行年次(西暦)を記載し表示する.
◇記載例
  「・・・<引用>・・・」(田中,1988)

・ そのまま引用していないが,要約したり,参考にした文献(参考文献)についても,引用の場合と同様に,それについて叙述した文章のあとにカッコを付し,著者名と発行年次を表示する.
◇記載例
 ・・・<要約>・・・ことが証明されている(西川,1990).
 ・・・<参照>・・・ことを考える研究者たち(森,1981;木村,1995)

・本文中に著者名が明記されている場合は,名前の後ろにカッコを付し,発行年次のみ記す.本文中に発行年次も記されている場合には,カッコで年次を表示する必要はない.
◇記載例
 佐藤(1987)は 「・・・<引用>・・・」と述べている.
 1987年に佐藤は以下のように述べている.
 ・・・・・・<引用>・・・・・・.

・カッコ内の著者名は,3 名以内の場合は全員.4 名以上の場合は3 名までを記載し,あとは他(et al.)と省略する.
◇記載例
 (山田・鈴木・佐々木他,1991)
 (Anderson,Bacon,Cliffor et al.,1978)

・同一著者に同一発行年次の文献が複数ある場合には,発行年次のあとに小文字のアルファベットa, b, c ...を,順を伏して区別する.
◇記載例
 (高野,1993a)
 (高野,1993b)

・外国語文献の翻訳版を使用した場合は,本文中には出典のオリジナル文献の発行年次のあとに,翻訳版の発行年次を付す.
◇記載例
 (Collins,1981/1994)

(2)文献リストの記載方法
・引用および参考文献は,最後に一括して文献リストを作成する.

・文献リストの記載順は,筆頭著者の姓のアルファベット順であり,外国人の場合,姓,名(イニシャル)の順に記載する.

・同一著者の文献が複数ある場合には,発行年次の早い順に記載する.

・同一年次に同一著者による文献が複数ある場合には,本文中の引用表示に添付した,小文字のアルファベット順に並べる.

・文献の記載方法
①雑誌の場合
著者名(発行年次), 表題名. 雑誌名, 巻(号), 頁.(雑誌名は原則として正式名称を用いるが,欧文雑誌についてはイタリック体を用いる.)
◇記載例
 Uden,G(1985),Inpatient accidents in hospitals. Journal of the American Geriatric Society,33,833-835.

②単行本の場合
著者名(発行年次),書名. 頁, 発行所.
◇記載例
 平田幸正(1988),糖尿病教室. 84, 同文書院.

③翻訳本の場合
原著者名(原典の発行年次)/訳者名(翻訳本の発行年次), 書名. 頁, 発行所.
◇記載例
 Whitman,M.I.(1992)/ 安酸史子(1996),ナースのための患者教育と健康教育.107,医学書院.

④オンライン文献の場合
発行機関名(調査/発行年次),表題.アクセス年月日,ページのURL
◇記載例
 厚生労働省生活習慣病対策室(2011),糖尿病の治療を放置した働き盛りの今,2012年7月18日アクセス,
 http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001qjv4-att/2r9852000001qkiw.pdf

6.著作権

投稿論文の著作権は,採択された最終原稿が編集委員会に届いた時点より,本学会に帰属する.学会誌掲載後は本学会の承諾なしに他誌に掲載することを禁ずる.

7.掲載料

1)規定枚数を超過した分については,所要経費を自己負担とする.

2)掲載論文の著者は別冊を作成することができる.それに要する費用は,著者の自己負担とする.

3)図表など,印刷上,特別な費用を必要とした場合は著者の負担とする.

2012年8月1日改訂
(第4期編集委員会)