看護研修会の共催申請

 下記の認定基準、手続きの説明をご確認のうえ、「研修認定申請システム」より申請ください。
 共催申請の申請は研修会開催日の2ヶ月前までとなっておりますが、認定には時間を要しますので、なるべく早い申請をお願いいたします。

 当学会は、日本糖尿病療養指導士認定規則に基づき、日本糖尿病療養指導士認定更新に必要な研修単位の別紙1-1〈第1群〉自己の医療職研修単位 医療職種別認定単位数一覧の[1]看護師、准看護師に記載されている34~36に該当するものについて、単位取得の認定申請を受け付け、審査結果を通知しています。なお、開催にあたっての安全面等に関する配慮や責任は主催者が負うものとします。

申請資格条件

以下の認定基準1~7を満たした研修において共催申請ができる
 共催基準1.団体の代表者が日本糖尿病教育・看護学会正会員であり、看護職である
 共催基準2.会則または規約があり、会の目的に看護職の知識・技術の向上に資する内容が含まれる
        (会則の例はこちらをご参照ください)
 共催基準3.役員名簿がある
 共催基準4.年会費または参加費を徴収している
 共催基準5.収支報告を行っている
 共催基準6.年1回以上、研修会などの行事を開催している
 共催基準7.企業が共催する場合、その企業は日本糖尿病教育・看護学会の賛助会員である
        (賛助会員が不明な方は事務局へお問い合せください)

認定基準

認定基準の概要(PDF)

認定基準1.看護に関する内容を主とする下記(1)~(4)のいずれかであるもの
 (1)日本糖尿病療養指導士認定更新に必要な研修単位の別紙1-1の1~33に該当しない看護系学会
 (2)看護研究会
 (3)看護研修会
 (4)看護事例検討会

 認定基準1の「看護に関する内容と主とするもの」として認められるものは、看護に関するテーマの
 講演・発表・グループワークなどで下記(1)~(3)のいずれかを満たすものとする。糖尿病に
 関連するかどうかは問わない。
 (1)看護職による講演や発表。ただしサテライト方式の場合には、サテライト会場でも本会場との
   質疑応答ができること、機器故障時の対応者が配置されていることを条件とする。
 (2)複数の看護職が発表者やファシリテーターなどの役割を果たしているグループワーク、
   事例検討会、ワークショップ、ロールプレイ、演習など。ただし、ファシリテーターに
   看護職以外がいる場合や患者参加のグループワークの場合には、参加を通して
   看護としての学びを得られるよう看護職による講評あるいはまとめを行うこと。
 (3)(1)(2)以外で看護研修会認定委員会の審査により「看護に関する内容を主とするもの」
   と認められたもの

認定基準2.参加が一般に公開されているもの
 「参加が一般に公開されているもの」と認められるものには以下の(1)~(2)も含まれる。
 なお、認定された研修会は、すべて日本糖尿病教育・看護学会ホームページで公開される。
 (1)病院内等で開催される場合でも、職員だけではなく広く一般に公開し参加者を募るもの
 (2)参加募集が一般に公開されたうえで、定員制、先着順、予約制などで参加を募るもの

認定基準3.特定の薬剤や機器等の宣伝につながるものではないもの
 企業・機器の宣伝時間や企業の学術研究員による講演などが研修会の一部としてあってもよいが、
 その部分は実質研修時間に含めない。

認定時間の範囲
 「看護に関連する内容を主とするもの」の時間が全体の実質研修時間の3割以上である
  ※上記を満たさない場合、「看護に関する内容を主とするもの」の研修時間のみを1群として認定する。
  ※実質研修時間とは、オリエンテーションや質疑応答は含む。また認定基準2および3を満たし、
   あいさつ・休憩時間を除いたものである。

認定単位の換算
 研修時間の計算は主催者申請と同様に行う。研修時間1.5時間以上3.0時間未満は1単位、3.0時間以上4.5時間未満2単位、4.5時間以上6.0時間未満3単位、6.0時間以上4単位とし、1日研修会の上限は4単位とする。単位認定の上限は20単位とする。

申請手順

  1. 研修会開催日の2ヶ月前までに、オンラインシステムで申請登録を行う。
    オンラインシステムに必要事項を入力のうえ、①プログラム(講演者の職種が明記されたもの)、②研修修了証等(主催団体の公印が捺印されたもの)の見本、③会則(または規約)・役員名簿、④収支報告書、前年度の事業報告または今後の事業計画をアップロードする。
    ※会則の例はこちらをご参照ください。
    申請登録が完了すると「新規認定申請完了のお知らせ」メールが担当者あてに送信される(メールが届かない場合は、登録が完了していない可能性がありますので、再度システムにログインして申請情報が登録されているかをご確認ください)。
    詳細は、認定申請システム・マニュアルを参照のこと。
    ※研修修了証等のアップロードが難しい場合は、下記「問い合せ先」までご連絡ください。
  2. 申請と同時に、審査費用実費3,000円を次の郵便振替口座に振り込む。
    (申請受付事務および審査料なので申請を取り下げられた場合も返却いたしません)
    振込口座番号:00150-7-281203
    振込口座名(加入者名): JADEN看護研修会認定事務局
  3. 原則として研修会開催日の一週間前までに申請者宛に、審査結果をメールで通知する。
    申請に不備があると開催一週間前までに結果の通知ができない可能性があるため不備がないようご留意ください。
    (ホームページへの掲載は、開催日以降になる場合もある)
  4. 申請が承認された場合は、研修会開催日から1ヶ月以内にオンラインシステムにて実施報告を行う。
    オンラインシステムに必要事項を入力のうえ、①研修修了証等(認定番号、単位が記載され、主催団体の公印が押されたもの)の見本、②修了証等取得者一覧表、③(申請時に提出された書類に変更あった場合のみ)プログラムをアップロードする。

問い合せ先
〒170-0002 東京都豊島区巣鴨1-24-1 第2ユニオンビル4F
株式会社ガリレオ 学会業務情報化センター内
一般社団法人 日本糖尿病教育・看護学会 看護研修会認定事務局
TEL:03-5981-9824 / FAX:03-5981-9852
E-mail:g015jaden-accredit@ml.gakkai.ne.jp

●申請はこちらから
 研修認定申請システム

2015年7月 看護研修会認定委員会 作成