研究推進委員会

研究推進委員会の活動

 研究推進委員会は、本学会としての研究活動をより活発化するために、それまでの研究・研修委員会から独立し、2006年4月より発足した委員会です。

 研究推進委員会では、発足当時に看護を取り巻く現状や社会情勢を踏まえ、厚生労働省の動向も鑑みて、委員会の役割について徹底的に議論しました。その結果、我が国の医療制度改革に伴う医療システムの変化や診療報酬体系のあり方等に対し、糖尿病ケアの診療報酬点数化を見据え、委員会目標を「糖尿病教育・看護に関する政策提言に資する研究の蓄積」を念頭に置きつつ、「会員の研究活動の推進」と定めました。

 そして、現在、「糖尿病教育・看護領域に求められている研究課題―これからの研究に向けて」の調査で明らかになった研究課題項目より、①高齢者のセルフケア支援に関する課題、②認知症をあわせもつ糖尿病患者の困難解決の課題等の研究推進、また、臨床研究における倫理的配慮の啓発活動、さらに、実態調査へのニーズの把握の検討等の活動に取り組んでいるところです。

 研究を進めるにあたっては、会員の皆様のお力をお借りすることもあるかと思います。その際には、この委員会の主旨をご理解頂き、是非ご協力くださいますようお願いいたします。

※糖尿病診療体制・インスリンに関する安全管理体制の全国調査の速報はこちら(PDF:269KB)

※インスリン療法を行う糖尿病患者への糖尿病看護のベストプラクティスはこちら(PDF:1MB)

※「糖尿病教育・看護領域に求められている研究課題の優先度の特定」調査報告はこちら(PDF:883KB)