ネットワーク委員会

ネットワーク委員会の変遷

 2003年4月に糖尿病に携わる看護職に対して、看護職間の情報の共有と交流を行い、地域間のネットワークを広げることを目的に、ネットワーク委員会が設置された。全国10ブロックから選出された12名に加え、2004年からは都道府県の日本糖尿病療養指導士等にも委員を委嘱し、日本糖尿病教育看護学会ネットワーク委員と都道府県の委員というつながりをつくり、活動の充実と拡がりをねらいとした展開を行ってきた。

委員会設立当初の活動

①都道府県の有資格者(専門看護師、認定看護師、看護職の日本糖尿病療養指導士、地域糖尿病療養指導士)の把握
②都道府県の研修会や研究会の開催及び、活動状況の把握
③日本糖尿病療養指導士に関連する情報提供や、日本糖尿病教育・看護学会からの情報提供
④ブロックごとの研修会の開催
等を中心に活動が行われた。

日本糖尿病療養指導士認定機構の構成団体としてネットワーク委員会が開催する研修会

 ブロックごとに開催してきたスキルアップセミナーは、不規則な勤務条件下にあり、学会等に参加しにくい看護職の日本糖尿病療養指導士にとって、大変意義なものであった。本学会は、日本糖尿病療養指導士認定機構の構成団体として、スキルアップセミナーが日本糖尿病療養指導士の単位更新に貢献してきた。
 また、糖尿病の最新治療や患者のケア、教育に関する情報をいち早く入手できることや、第一人者の講師による講演を聞くことができるといったメリットをもたらしたのも、糖尿病看護に従事する看護職が参加しやすい近県で、スキルアップセミナーを開催してきたからこそである。

診療報酬改定とネットワーク委員会の研修支援活動

 2008年の診療報酬改定で、糖尿病合併症管理料として、フットケアに170点の診療報酬評価が認められることとなり、九州、中国、近畿、甲信越、関東、東北ブロックのネットワーク委員が中心となって企画、運営してフットケア研修会を開催した。
 340名の看護師が「糖尿病重症化予防(フットケア)研修」を修了した。

糖尿病療養支援ネットワーク研修会

 看護職の日本糖尿病療養指導士の更なるスキルアップ・ブラッシュアップが求められていることから、2011年から、スキルアップセミナーをあらため、「糖尿病療養支援ネットワーク研修会」に改称し、
①ネットワーク委員会主催研修<標準化プログラム>を用いた研修の実施
②都道府県看護協会などと協働した、効率のよい研修の実施、
③ブロック内のネットワーク化に加え県内のネットワーク強化を含めた。

災害発生時の糖尿病看護マニュアルの作成

 2011年3月11日の東日本大震災を受け、ネットワーク委員による情報収集や情報提供を行った。また、災害発生に備えた患者教育や医療従事者の準備に関する活動を事業化し、「災害発生時の糖尿病看護マニュアル」を作成した。2015年に仙台で開催された国連防災世界会議で本マニュアルの紹介を行った。

 ネットワーク強化に関する委員会活動として、国際糖尿病デーに関する活動なども加えた。

ネットワーク委員会活動の可視化と共有

 第17回の学術集会では、ブロック委員と、都道府県委員の交流を促進し、糖尿病療養支援の質の向上に資することができるよう、交流集会を企画した。以降、この交流集会は、学術集会で毎年開催してきた。
 また、2012年から、全国のネットワーク委員の顔写真と氏名や所属名、活動目標を入れた「活動ポスター」を作成して、学術集会の際に展示し、ネットワークの輪を広げるため活動を実施してきた。

ネットワーク強化のための広報戦略 ―広報委員会との協働―

 本学会広報委員会と協働して活動を展開している。情報を確実に共有して、ネットワーク委員会の活動を広く紹介している。広報委員がネットワーク委員会の活動を取材し、Facebookで活動を紹介するという方法によって、全国にネットワーク委員の活動が紹介された。

10年目を迎えたネットワーク委員会活動強化

 2013年ネットワーク委員会は、委員会設置10年目を迎え、設立当初の「看護職間の情報の共有と交流を行い、地域間のネットワークを広げる」という目的は、概ね達成されたと考えられた。
 今後は、外部環境の変化を受けて、医療機関の看護職が居住系サービス施設や在宅で療養している人々の生活の調整支援に軸足をおくことになることから、糖尿病療養支援研修会やネットワークの広げ方を工夫していくことが必要になる。

 会員のみなさま全員が、ネットワークに参画し一緒に活動していただけるよう、引き続きよろしくお願いします。