広報委員会

広報委員会の活動

 広報委員会は、本学会として、医療者はもとより糖尿病患者様ひいては国民の皆様に糖尿病教育・看護の広報活動を行うため、ホームページ委員会から発展し、2008年度より発足した委員会です。
 本学会のホームページは2001年4月14日に開設され、2006年10月30日にリニューアルし、2007年度は、新規にEnglishページを追加しました。2008年度からは、本学会著書の普及活動や、マスコミで取り上げられた本学会会員の活動をホームページに掲載し、糖尿病看護に専門性の高い看護師の存在を周知してまいりました。

Facebookの活用

 2014年には、ホームページでの最新の情報の発信と学会活動の広報に加え、Facebookページを新たに開設し、Facebookページとホームページを連動させることで、糖尿病教育・看護に関連する最新の情報を多くの方に届けられるようになりました。

◎本学会と慢性看護学会の糖尿病ケアプロトコール作成合同委員会(2015年12月)によって開発された「インスリン使用患者ケアプロトコール−2型糖尿病患者版−」は、ホームページに掲載の後、Facebookページでも広報し、2200人以上の方に届けることができました。

◎2016年の熊本・九州の地震の際には、本学会ホームページで紹介していた「災害時の糖尿病看護マニュアル」(本学会出版,無料ダウンロード可能)の情報を多くの方にシェアされ、現場のみならず、災害看護に携わる11000人以上の方々の活用につなげることができました。

◎Facebookページ開設後、ホームページで紹介していた会員活動の紹介は、Facebookページに移行し、ネットワーク委員との連携、協力により、写真や動画とともにより多くの情報をより簡単に公開し、より身近にしました。


写真 Facebookページで紹介された全国の会員の活動の様子

動画の制作

 2015年からは、各都道府県のネットワーク委員から情報を得て、全国の会員の活動を紹介するムービーを制作し、JADEN20、JADEN21で紹介しました。
 また、JADEN20周年を記念して、設立からの20年間をまとめたムービーを制作し、20周年記念パーティで紹介しました。

 今後は、ホームページやFacebookページをさらに充実していくとともに、他の委員会とも連携しながら、本学会の魅力を伝えられるようにしたいと考えています。