平成25年10月1日申請分から、研修会申請の審査費用が改定になります。

日本糖尿病療養指導士認定更新のための第1群看護の研修会認定について、平成25年10月1日申請受付分より審査費用の改定を行います。

・主催者申請 (現行)2,000円 → (改定後)3,000円
・共催申請 (現行)無料 → (改定後)3,000円

 近年、申請数は発足当初に比較し格段と多くなるとともに、研修会の内容も多様化しており、それに伴う認定業務経費が増加しているため、現行の審査費用では赤字となる試算です。学会としては、糖尿病ケアの質向上に向けて、今後も今まで以上に多くの研修会が開催されることを願っております。看護研修会認定委員会では、オンライン申請システムの導入など、事務作業負担の軽減に努めておりますが、安定的な審査体系の継続のために、申請者の方々に審査費用の値上げというかたちでご協力をいただきたくお願いいたします。