日本糖尿病教育・看護学会誌 第24巻2号 論文6本公開しました

【総説】 2020 年 24 巻 2 号 p. 135-144
現象学的研究が記述した糖尿病者における病い経験の特徴に関する一考察
―哲学的基盤と研究デザイン・研究方法・結果の記述が調和し一貫性のある文献をもとに
細野 知子, 栩川 綾子


【委員会報告】 2020 年 24 巻 2 号 p. 145-151
遠隔モニタリングを用いた看護支援と「糖尿病透析予防指導管理料」の算定状況に関する実態調査
日本糖尿病教育・看護学会 政策委員会(2018年9月~2020年9月)
餘目 千史, 飯田 直子, 金子 佳世, 黒田 久美子, 高橋 良幸, 永渕 美樹, 任 和子, 肥後 直子, 古山 景子, 水野 美華, 村田 中, 森山 美知子, 柳井田 恭子, 横山 悦子


【実践報告】 2020 年 24 巻 2 号 p. 153-160
糖尿病教育入院の療養指導における日本糖尿病療養指導士資格を持たない看護師の気持ちの変化
―糖尿病療養指導カードシステムを活用して―
佐竹 明美, 森 静, 本多 由布子


【原著】 2020 年 24 巻 2 号 p. 161-170
糖尿病看護の専門性の高い看護師による糖尿病とがんを併せ持つ患者へのセルフマネジメント支援の実際と困難
山本 裕子, 光木 幸子, 田中 登美, 南村 二美代, 横田 香世, 肥後 直子, 門田 典子, 藤田 かおり


【資料】 2020 年 24 巻 2 号 p. 171-179
1型糖尿病患者がもつスキーマに関する事例研究―成人発症の女性患者の体験から―
西尾 育子, 中條 雅美


【原著】 2020 年 24 巻 2 号 p. 181-190
糖尿病をもつ患者の"わかっているけれど,できない"ことへの自己対処の様相
長棟 瑞代, 稲垣 美智子, 多崎 恵子, 堀口 智美, 浅田 優也, 北川 麻衣